インタラクティブ動画のメリットと効果

インタラクティブ動画のメリット

 

一般的な動画コンテンツと比べると、インタラクティブ動画には下記のようなメリットがあります。

視聴者の行動を促すことができる

普通、動画は再生される映像を見るだけで、いわば受動的なもの。しかし、インタラクティブ動画では、選択肢を選べたり、詳細情報をチェックできるポップアップをクリックできるなど、視聴者が知りたい情報に対してアクションを起こすことができます。

インタラクティブ(=双方向の)という言葉にもある通り、一方的に動画を見せられるのではなく、まるで対話をしているような視聴体験が実現します。

若い就活生に親和性が高いコンテンツに

普段、スマートフォンをタップしながら情報を得ている若い就活生だからこそ、動画の視聴中にタッチスポットが現れるインタラクティブ動画は、より親しみを持って受け取られる可能性が高いと言えます。

また、広告を始めとする「作り手側に有利な情報発信」を苦手としやすい若年層にとって、自ら知りたい情報を選択できることも、インタラクティブ動画ならではのメリットでしょう。

改善につながるデータを収集できる

インタラクティブ動画では、動画中に設置した選択肢のうち、どれくらいの視聴者がどれを選んでいるのか、といったデータも収集可能です。あまり選択されていないものを改善したり、動画全体のストーリーを修正したりと、PDCAサイクルを回しやすいというメリットがあります。

採用動画をインタラクティブ動画にするメリットは?

 

採用動画にインタラクティブ動画を活用するメリットには、以下のようなものがあります。

就活生が知りたい情報を効果的に提供できる

インタラクティブ動画では、視聴者である就活生が、自分が知りたい情報を選択して視聴を進めることができます。そのため、企業が伝えたいメッセージと、就活生が知りたい情報をマッチさせることができるのです。

「情報の取捨選択」というアクションがあることで、就活生に効果的に情報を伝えることができます。

ミスマッチの防止に役立つ

まるで実際に職場を訪問しているかのような視聴体験ができる、インタラクティブ動画。通常の動画よりも実際の社風や仕事内容に対する理解が深まるため、ミスマッチを防ぐことにも役立ちます。

エントリーページ等に遷移させることができる

インタラクティブ動画には、ウェブサイトのURLも設置することができます。つまり、採用サイトやエントリーフォームがあるページに遷移させることができるボタンを設置することができるのです。

就活生に、採用動画を視聴した後、シームレスに採用ページを見てもらったり、動画を見てモチベーションが高まったところでエントリーしてもらえたりと、効果的な遷移が期待できます。

より長い視聴時間を促せる

長尺になるほど、動画は視聴されなくなるものですが、視聴者が自ら選択して展開していくインタラクティブ動画では、より集中して視聴してもらうことができます。

たくさんの情報が盛り込まれた場合でも、インタラクティブ動画では視聴完了率が高いのが特徴です。また、チャプターごとに見ることもできるため、視聴者それぞれのタイミングで見やすいです。

【関連ページ】こちらのコンテンツもチェック
5つのポイントをチェック!
34社から探せる
自社に合った
採用動画制作会社

採用動画制作会社選びのための5つのチェックポイントから
「こんな会社に依頼したい!」という項目を✓(チェック)することで
自社に合った採用動画の制作会社が見つかります!

希望の項目をチェックして
自社に合う採用動画制作会社を確認!

希望の条件から
自社に合った
採用動画制作会社を探す!