採用動画の効果

近年は、採用動画を活用して自社をアピールする企業が増えています。実際に、動画コンテンツを用意することでどんなメリットがあるのでしょうか。

動画コンテンツのメリット

短時間で多くの情報量を伝えられる

1分間の動画に含まれる情報量は、Webサイト3600ページ分に相当すると言われています。文字が並んだ資料を読むのには時間がかかりますが、動画なら同じ内容を短い時間で理解することができます。

音声と映像で印象に残りやすい

音声を聞くだけ・映像を見るだけよりも、音と映像をセットで感じるほうが印象に残りやすいと言われています。また、音や映像は単に情報を伝えるだけでなく、効果的に使うことで視聴者の心情にも訴えることができます。

多くの人に見てもらいやすい

通信環境が発達した現在、動画はスマホを使っていつでもどこでも見ることができます。電車移動や昼休みなどのちょっとした時間で再生できる動画は、多くの人に見てもらうことが期待できます。(※)20代男女の約9割がYouTubeを利用しており、20代男性の63.9%、20代女性の57.3%が毎日動画を視聴しているというデータもあり、動画は若者の生活に欠かせないコンテンツと言えます。
参照元:TesTee La「YouTubeに関する調査【2021年版】」 (https://lab.testee.co/youtube_2021#YouTube-3

SNSを通じて拡散が期待できる

YouTubeをはじめとした多くの動画プラットフォームには、SNSのシェア機能がついています。この機能を使えば他の人に手軽にURLを共有できるため、動画を気に入ったユーザーが多ければSNSでの拡散が期待できます。多くの人に広まることで、企業の認知度アップやブランディングにも繋がります。

採用動画を作るメリットや効果

企業や仕事に対する理解度を深められる

企業紹介や仕事紹介といった複雑な情報も、動画を使うことで端的かつ的確に届けることができます。求職者側もスムーズに理解を深めることができ、もし自分が入社したら…とイメージしやすくなります。

社風に合った人材の応募が増える

企業への理解度が深まると、仕事内容だけでなく、社風やカルチャーが自分に合っているかも気になります。そこで社員インタビューや座談会の様子を動画にすることで、ありのままの空気感が伝わり、自社にマッチした人材の応募率アップが期待できます。

マッチングの精度を高められる

社風やカルチャーを理解した人材からの応募が増えることで、採用のマッチング精度向上にもつながります。情報不足によるミスマッチを減らし、内定辞退や離職をできるだけなくすことで、採用効率も高まります。

採用動画のデメリット

制作に労力とコストがかかる

動画制作にはたくさんの工程があり、企画から完成までに大きな労力とコストがかかります。また、クオリティの高い動画を作りたい場合には、撮影や編集の専門技術をもったスタッフが不可欠です。

最後まで見られない可能性がある

せっかく作った動画も、時間が長すぎると見てもらえない可能性があります。採用動画の長さは「5分まで」がひとつの目安。短い時間の中で、伝えたい内容にフォーカスした動画を作りましょう。

スマホの速度制限などで敬遠されるケースも

ちょっとした空き時間にスマホで動画を見る人も多いでしょう。ただ、動画は見れば見るほどデータ通信量が増加し、速度制限がかかることも。タイミングによっては動画再生を避けられてしまう可能性もあります。

まとめ

採用動画は、たくさんの情報量を短時間で伝えられるコンテンツです。その場の雰囲気など、形に見えないものを表現することができ、学生や求職者に向けて効果的なアピールが期待できます。一方、動画制作には労力やコストがかかるため、採用動画でどのような効果を得たいかという「目的」をきちんと整理し、ターゲットを明確化することが大切です。

【関連ページ】こちらのコンテンツもチェック
5つのポイントをチェック!
34社から探せる
自社に合った
採用動画制作会社

採用動画制作会社選びのための5つのチェックポイントから
「こんな会社に依頼したい!」という項目を✓(チェック)することで
自社に合った採用動画の制作会社が見つかります!

希望の項目をチェックして
自社に合う採用動画制作会社を確認!

希望の条件から
自社に合った
採用動画制作会社を探す!