どんな内容にすればよいか

スマホでいつでもどこでも動画コンテンツを再生できる現代。就職活動においても、学生が企業の情報を動画でチェックする機会が増えており、リクルート動画は採用活動に欠かせないツールとなりつつあります。このページでは、学生や求職者に向けて、企業がどんな動画を制作したらよいか解説しています。

学生や求職者が求めていることから逆算してコンテンツをつくる

まず念頭に置きたいのは、採用動画では「自分たちが作りたいものを作る」のではなく、「人材が求めている情報を伝える」ことが重要だという点です。
自社が採用したいターゲット層は、就職先を検討するときにどんな情報を求めているか。そこから逆算してコンテンツを作っていくことが、魅力的な採用動画の制作に繋がります。

学生や求職者が知りたいこと・求めていることとは

それでは、学生や求職者が会社選びをするときに知りたいこととは、具体的にどんなことでしょうか。

職場の雰囲気や社風

どんな雰囲気の会社なのか、社風は自分に合いそうか。実際に働いている人のリアルな声を聞きたいと思っている人が多数です。

入社後のキャリアモデル

この会社に入ったら、自分はどんな成長ができそうか。活躍している先輩社員の遍歴を知ることで、具体的なキャリアパスのイメージが得られます。

求められる能力や人材像について

「自主性のある人」「行動力のある人」のような抽象的な表現ではなく、仕事紹介や社員インタビューを通じて『こんな仕事や環境にフィットできる人』という具体的なメッセージがあると、求職者は自分があてはまるかどうかを判断しやすくなります。企業の目的や選考基準を伝えることにもなり、応募のミスマッチを減らせます。

福利厚生や制度などの待遇

学生や求職者の中には、残業時間や有給休暇の消化率などを自分から質問することに遠慮してしまう人も。企業側からオープンに伝えることで、安心して応募してもらえるでしょう。

知りたいことを動画にどう落とし込むか

動画なら「リアル」が伝わる

昔からよくある会社紹介映像は、社長挨拶や事業内容、沿革といった、企業の「おもて」の部分に焦点を当てて制作されています。しかし、動画コンテンツがあふれる現代において、表面的な情報だけを並べた映像はリアリティが伝わらず、共感を生みにくくなっているのが実情です。
毎日YouTubeなどで動画を視聴している若者は、映像を通して「リアル」を求めています。整えられた映像よりも、メイキングやドキュメンタリーのような臨場感のある映像に共感を覚えやすく、身近に感じる傾向にあるのです。

おすすめはインタビュー形式

この「リアル」を伝えるために、現在多くの企業で使われているのが「社員インタビュー」形式の採用動画です。実際に働いている社員の声は、学生や求職者にとって共感を覚えやすく、仕事のやりがいや社風も「リアル」な情報として受け取ることができます。さらにこだわった映像を制作したい場合は、社員密着のドキュメンタリー形式もおすすめです。一日のストーリーに乗せる形で、業務内容や職場の雰囲気も自然に伝えることができます。

採用動画の構成を決めると気にしておきたいこと

採用動画を制作するなら、しっかりと構成を決めておく必要があります。動画のターゲットや目的、軸などを明確にしたうえで動画制作会社に相談しましょう。ここでは、構成を決める際のコツやポイントをご紹介します。

動画を見てほしいターゲット(ペルソナ)

最初に明確にしておきたいのが動画のターゲット(ペルソナ)です。ペルソナは、年齢や性別など属性によるターゲティングではなく、より踏み込んだターゲット設定のことを言います。例えば、大学生という大まかなターゲットではなく、○○学部出身の新卒で××を希望している、○○に強みがあり、××の仕事を探しているなど、具体的な趣向や人物を想定したものがベルソナです。

採用動画を制作する際は、こうしたペルソナを設定して、採用したい人材を明確化することが重要です。それに合わせ、動画を見てもらいたいユーザーの傾向だけでなく、動画の企画や構成も変わります。

動画の目的が明確か

動画の目的も明確にしなくてはいけません。なぜ採用動画を制作するのか、何を最終的な目標とするのかなど、目的を明確に決めたうえで動画制作を進めていく必要があります。

もし目的が曖昧なままだった場合、コンセプトも不明瞭になってしまいます。動画に不要な内容を盛り込んだり、反対に盛り込むのを忘れたりした結果、視聴者に自社のメッセージが伝わらないおそれもあります。

採用動画の目的は、主に自社の認知度アップや応募喚起、業務内容に関する興味や理解の促進です。それぞれの目的に合わせ、適した採用動画を制作してもらいましょう。

どこで動画を使うかを決めておく

採用動画の制作を依頼する前に、使用場所も決めておく必要があります。採用動画の使用が想定される場面は、会社説明会やインターンシップ、選考後などさまざまです。また、自社サイトや動画サイトで公開したものをSNSのアカウントで告知するという手段もあります。

このように、採用動画の利用場面は多種多様ですが、使用場所に合わせて動画の内容も変化します。例えば、会社説明会なら業務内容や給与・福利厚生を説明し、SNSなら認知度アップを狙い、イメージ重視の内容にするなど。使う場面を想定して構成を考えることが重要です。

動画の軸

採用動画の軸もしっかりと決めましょう。軸が定まっていなければ、視聴者に伝えたい内容が伝わらないのはもちろん、視聴者の印象に残らないおそれがあります。知りたい情報が得られなかった結果、視聴者が応募を控えてしまうこともあるでしょう。このため、軸を定めることが動画の効果を高めるポイントです。

軸は、自社の仕事の魅力、働くメリット、自社の理念やビジョン、組織としての魅力の4つに大別できます。仕事の魅力を動画の軸にする場合、社員のインタビューを通してやりがいを伝え、具体的な業務内容に踏み込んだ構成になるでしょう。働くメリットを伝えるのであれば、給与や福利厚生、スキルアップ・キャリアアップなど支援制度を中心に紹介する構成が考えられます。

また、理念やビジョンを伝えるなら、日頃掲げているビジョンやコンセプトについて、丁寧に説明した動画になるでしょう。組織としての魅力を軸にするのであれば、職場の環境や社員の雰囲気などを盛り込むことが重要です。

いずれにせよ、動画の軸を決めることで、構成や内容も絞り込まれていきます。

オリジナリティがでているか

動画のオリジナリティも重要な要素です。現在は採用動画を取り入れている企業も増えてきており、広く普及しています。文字や画像では伝えきれない内容も伝えられますが、他社との差別化ができなければ、注目を集めることは困難です。

反対にオリジナリティがあれば注目を集めやすくなり、自社の魅力を存分に伝えられます。SNSや動画サイトで話題になれば、自社の認知度アップも可能になるでしょう。

オリジナリティを出すためには、自社にしかない魅力や、他社と差別化しているポイントをアピールすることが重要です。例えば自社独自の福利厚生や、社員向けイベント・行事の紹介などが挙げられます。もし製品・サービスに強みがあるなら、それを前面に押し出すのもおすすめです。オリジナルの製品などをアピールし、求職者に自社の魅力を感じてもらいましょう。

構成に絵コンテを作っておくのがおすすめ

採用動画を制作する際は、構成と合わせて絵コンテを作成するのもおすすめです。絵コンテがあれば、動画のイメージや内容が想像しやすくなります。また、動画の大まかな流れも確認することが可能です。

もちろん絵コンテなしでも採用動画は制作できます。しかし、動画のクオリティを高めることが可能ですので、文章の構成だけでなく、絵コンテもセットと考えておきましょう。

まとめ

採用動画は、学生や求職者の求める情報を伝えるために作るものです。企業の表面的な情報を並べるだけではなく、働いている人の「リアル」を映し出すことで共感を呼び、応募意欲の向上につながります。
採用分野の動画制作を手掛けている会社の中には、会社ごとに抱える採用課題を一緒になって分析し、効果的な動画制作を提案してくれるものもあります。

【関連ページ】こちらのコンテンツもチェック
5つのポイントをチェック!
34社から探せる
自社に合った
採用動画制作会社

採用動画制作会社選びのための5つのチェックポイントから
「こんな会社に依頼したい!」という項目を✓(チェック)することで
自社に合った採用動画の制作会社が見つかります!

希望の項目をチェックして
自社に合う採用動画制作会社を確認!

希望の条件から
自社に合った
採用動画制作会社を探す!