動画制作の流れ

発注までに社内で決めておくこと

動画制作の目的

採用動画を作る際、発注前に社内で明確にしておきたいのは「何のために動画を作るのか」「動画を作って何を達成したいのか」という点です。動画制作はあくまでも手段であり、目的を叶えたり、採用課題を解決したりするために作られるものです。どんな人に動画を届けたいか、というターゲットの絞り込みまでできると尚よいでしょう。

予算

制作の途中で構成を変更したり、動画を何度も修正したりすると、当初の見積りから追加費用が発生することがあります。いきあたりばったりにならないよう、着手前にあらかじめ予算の上限額は決めておき、制作会社と一緒に確認しながら進めましょう。

納期

納期は動画の種類や長さ、制作会社によってもまちまちです。会社説明会や採用サイト公開など、どうしても間に合わせたい日にち設定がある場合は、事前に制作会社に伝えておくことをおすすめします。

動画制作会社と契約後の基本的な流れ

打合せ(ヒアリング)

まずは、動画制作会社の担当者と打合せを行います。採用動画を制作する目的や用途をヒアリングしてもらい、作りたい動画のイメージを伝えます。テイストの参考になる動画あれば、イメージのすり合わせが容易です。

企画・提案

打合せの内容をふまえ、制作会社が映像の構成案を作成します。イメージと違う点や疑問があれば、この時点でしっかりと伝えて修正してもらいましょう。

発注・制作スタート

制作会社の提案に合意できたら、映像制作が本格的にスタートします。

シナリオ作成・絵コンテ作成

制作会社のディレクターが中心となり、撮影の元となるシナリオを作成します。撮影後のシナリオ変更は難しいので、あらかじめ絵コンテでカット割りや演出を共有できていると安心です。

撮影の準備(香盤表作成、キャスティングなど)

シナリオが決まったら、撮影の準備に入ります。日程調整や撮影場所の手配、香盤表(撮影日の全体スケジュール表)の作成、役者のキャスティング等、準備することは多岐にわたりますが、ほぼすべてを制作会社が行います。

撮影

香盤表に沿って映像を撮影。進行・指示は制作会社のディレクターが行います。予定通りに終わらないと再撮影の費用がかかってしまうので、当日はスムーズに進められるように協力しましょう。

編集

撮影した映像を制作会社で編集します。映像をつなぎあわせただけの状態が仮編集で、そこに効果やテロップ、ナレーション、BGMなどが入った状態が完パケ(納品用動画の完成)となります。完パケ後の修正は時間もコストもかかるため、仮編集の段階でクライアントチェックができると理想的です。

納品

クライアントが最終確認をして正式納品となります。納品後のアフターフォローは制作会社によって異なります。納品したらおしまいという制作会社も多いですが、修正に対応してくれたり、公開した動画の反響をレポートしてくれる会社もあります。

まとめ

採用動画の制作発注までに社内で決めておくこと、発注後の流れについて説明しました。上記はあくまで一般的な例で、制作会社によって対応できる内容は異なります。また、納品が済んだ後のサポートも各社で違いますので、制作会社選びの参考にしてください。

【関連ページ】こちらのコンテンツもチェック
5つのポイントをチェック!
34社から探せる
自社に合った
採用動画制作会社

採用動画制作会社選びのための5つのチェックポイントから
「こんな会社に依頼したい!」という項目を✓(チェック)することで
自社に合った採用動画の制作会社が見つかります!

希望の項目をチェックして
自社に合う採用動画制作会社を確認!

希望の条件から
自社に合った
採用動画制作会社を探す!